オシャレと旅をする -gorgeous-【round-10】

 オシャレって難しい~~~(>_<)

 生きていく中での外見的な”違い”や”センス”でなのか、それとも、オシャレは外見のみならず、内面をも侵食してくのか。個性が求められる時代だからこそ、私たちは自分を表現していくことの難しさに向き合わなければならない

 粋だね、趣がある、風流、個性がある、わびさび、インスタ映え、センスがいい、、、

 いろいろある”オシャレ”の形。そこにルールはないみたい。

 ということで、今回は”オシャレ”に関するお話。”オシャレと旅をする【round-10】”です。どうぞ。

オシャレ”とは何か。

 人によって物事の見方は異なると思います。その中で人が「おしゃれだな~。」と感じるものには共通点が見られるのか。また、”オシャレ”は、定義できる、数量化できる、比較できる対象であるのか。

 ”オシャレ”と考えられる要素を細かくしてみると…

  • 流行を取り入れているか。
  • 目立っているか、違い(差異)があるか。
  • コンセプトが表面化されているか。場に適しているか。
  • こだわりがあるか。
  • 自分らしさがあるか、自分に適しているか。
  • バランスが良いか。
  • 気品があるか。

 たぶん、こんなところ。こうして文字に起こすことは難しくないけれど、実践しようとすると難しい。簡単に出来てしまうとそれはもう”オシャレ”じゃないかもしれないし、、、

 人気者の真似をしても、あなたは人気者になれず、ただ人気者の真似をしているだけ。イタタタ、、、(>_<)

 数値化や定義ができるのであれば、みんなそれなりにオシャレに近づくかもしれないけれど、それはとってつけたような剥がれやすいオシャレ。やっぱり、オシャレって何

 確かに”オシャレ”であれば、メリットも多いのかもしれない。

  • 流行に敏感になる。
  • 自分に自信がつく。
  • 買い物が好きになる。
  • 社交的な印象を与える事ができる。
  • オシャレをするために自己管理を行う習慣が身につく。

 ざっと考えられるのはこれくらいだろう。”オシャレ”をした結果これらが身に付くのか、それとも、身に付いた結果として”オシャレ”になるのか。その議論はどちらでもいいだろう。

 あなたが考える”オシャレ”な人はどうだろうか?自分とは何が違うのだろうか?

 一方で、”ダサい”人ってどんな人?

 ”オシャレ”の反対として用いられる”ダサい”という言葉の正体とは何か。”ダサい”があるから”オシャレ”があるのか、”オシャレ”があるから”ダサい”があるのか。分からなくなってきた。

 ”ダサい”とは、「恰好悪い」、「野暮ったい」、「垢抜けない」などといった意味を持つ俗語・若者語である。 自分はダサさも”自分らしさ”を表現する大事な言葉だと思っているので、あまりネガティブな言葉として受け取ることはない。だって、”ダサい”って言われるということは自分を認めてもらえていると感じるからです。

 でもやっぱり”オシャレ”に生きたい!!

 ”オシャレ”をしようと思っていても、なかなか上手くいかない。”なんか頑張ってるね感”が出てしまうそんなあなた。苦しいよね。

 オシャレはオシャレを知るよりも、我々はオシャレをオシャレとして受け取ることの方が難しい。オシャレを認識する感性は知識や経験の蓄積によって成されるものである。ある人にとってはオシャレでも、ある人にとってはダサいと捉えられるかもしれない。

 例えば、自分は現代アートなど説明をしてくれても、あまり理解できず、”オシャレ”だとは思えない。

 結局、人によって”オシャレ”は異なり、普遍的な存在ではなく、特殊的な存在として捉える事が最適解であろう。他人がしている行動やファッションが”オシャレ”だと思い、自分も実践していたがうまくいかない。”誰がやるか”という問が重要である。

 ならば、私は自分らしさを求めていくことがオシャレであると考える。

 Instagramなどで芸能人の真似をしても、有名になれないし、モデルの真似をしても、あなたはモデルじゃない。”オシャレ”とは一番遠い”ダサい”存在になってしまう。

自分らしさを表現する

 と言っても、自分らしさを表現することがオシャレに直接的に影響を及ぼすのかな?

 自分らしさを表現した結果として、人に嫌われたり浮いたりはしないのかな。人の目を気にしすぎなのかな。周りに合わせなきゃいけないのかな。たくさんの不安があると思います。

 やはり、オシャレとは複雑で自分らしさを表現しただけでは周りから認められないのが現実です。バランスをとって自分を表現していくことにオシャレの楽しさがあると私は思います。

 全ての人に受け入れられることはたぶん無理です。何をしてもたぶん無理。だからこそ、自分を表現した方が面白いかなって。どうせ批判されるなら、自分の好きなもの、自分が好きなこと、自分が好きなファッションを表現してみる。結果として人と同じになってしまっても、自分が気持ちいならそれでいいじゃない。そのバランスを世間ととっていく。自分と世界を折衷し、表現する

 オシャレについての議論はやめにしよう。我々が議論すべきは、如何にして自分らしさに勝利するかである。

 別に自分を表現したくない人はそのままでもいいと思う。それもあなたらしさだと思うし、立派な”オシャレ”だと思います。

 自分らしさを表現したいのにできないと感じている人は思い切ってやってみてはいかがだろうか。初めは戸惑うかもしれないし、違和感があるかもしれない。それが普通です。新しい事に挑戦するのだから。やっぱり、考えていることと実際にやってみるとは違うかもしれない。でも、実は周りの人はあんまり自分の事を気にかけていないかもしれない!?

 新しい自分との出会いで内面も豊かになる。

 オシャレって難しいな~、でも、オシャレって楽しいな~って感じるかも!?

 いろいろなものに触れ、いろいろな経験をし、いろいろなことを知る。それを踏まえて自分を表現していく。ちょっとチャレンジしてみる。大きな視野で狭い自分を魅せる。オシャレは穏やかな暮らしに繋がるものだと考えています。いろんな人がいた方が面白いじゃない。

 オシャレで穏やかな暮らしを求めるラウンドブログ。まだ私たちの旅は続きそう

 今週は少し投稿数が多かったので、来週から少しの間、ブログの運営をお休みします(本当は写真のストックがないだけ)。

あ〜、夢みたいなユメ見たいな〜

最後にTwitterのフォローとシェアも是非お願いします!

▼Twitterアカウント▼

【round-10】オシャレと旅をする -gorgeous-

______

次回:【round-11】コスパがいい

______

コメント

タイトルとURLをコピーしました